集中監視制御システム

ホームへ » 製品紹介 » 航空通信システム » 集中監視制御システム(無線遠隔制御装置)

中央管理所(Central Station)
端末局(Terminal Station)

CMS-1空港飛行支援システム集中監視制御/無線遠隔制御装置

このシステムは先端のコンピュータ技術と通信技術を利用し、主な技術的特徴は以下のとおりです。
1. GUIを使用した監視及び制御技術を採用
2.16個のナビゲーションステーションをリアルタイムで制御及び監視することで、装置の状態や機械室の温度及び湿度、電源等の仕様を監視
3.有線及び無線伝送方式をサポートし、通信距離は15kmに達することが可能
4. データ伝送は誤り訂正符号、FSKモデム機能を用いて、高い耐久性を維持
5.システム内の詳細なデータベースの構築により、様々な需要に対応可能
6.製造業や鉱業、交通管制システムなどにも適応可能

当社は中国の集中監視制御システムの専門メーカーです。また、マーカビーコン、無指向性無線標識、AIS船舶自動識別システム、電子海図システムECS等多い製品を提供いたします。

お問合せ
他の製品
  • NDB-500 無指向性無線標識NDB-500 無指向性無線標識は中波帯の電波を用いた無線航行援助施設です。空港や航路上、石油プラットフォーム等に設置されて、航空機に航法情報と着陸位置を知らせる装置です。主にメインユニット、オートマチックアンテナチューナ、リモートコントロールユニットの三つで構成されています。
  • マーカービーコン単一ユニット内にある2つのチャネルの相互バックアップを提供し、自動切換え機能、仕事時間の記録機能を持っています。
    2線式接続を介して10kM以上の距離で遠隔制御と監視可能、データ転送の障害表示、音声及び視覚信号で知らせる警報機能、セルフロックを持っていますので、無人の自動操作を実現します。