船舶用通信機器

ホームへ » 製品紹介 » 船舶用通信機器
    1. AIS 船舶自動識別装置 船舶自動識別装置(AIS)は、航海情報の収集、無線データ送受信、電子海図システムの機能が集積されています。AISシステムは、主としてSOTDMA(自律式時分割多元接続)方式を用いており、時間をフレームに分割し、1フレームをタイムスロットに時間分割します。各AIS 船舶局はタイムスロットを選択し、同時に、本局の情報をVHF送信機で送信します。
    1. AIS 航路標識システムAIS AtoN(航路標識、Aids to Navigation)は、AISを活用した新しい航路標識システムです。主として、灯台やブイ等の航路標識システムに用いており、気象、地勢、水文等の情報を発信します。
      AWAtoN-1は国際海事機関(IMO)におけるA-126規格に準拠し、関連する装置との連携及び制御を可能にするためマルチプルシリアルインターフェイスに設計されています。
    1. ECS 電子海図システム電子海図システム(ECS)はIEC 62376、IEC 62288、 IEC 6094規格及びMSA電子海図システム(ECS)の機能、性能及びテスト要件に適合。
      電子海図システム(ECS)の色とシンボル、レイヤーは、国際水路機関(IHO)のS-52規格に準拠し、ENCデータベースは海図データ 転送基準S-57に準拠。
    1. クラス B AISトランスポンダShanghai Advanced Avionics Co., Ltdは、中国航空無線電子研究所の所属会社です。当社は、上海市に研究開発拠点を設立しており、AIS装置と関連機器を製造する専門メーカーです。独立した知的財産権を有し、上海市ハイテク企業です。
      AIS-Bシリーズはわが国の中・小型船舶に搭載する為に開発されて、わが国の応用環境に適合する船舶自動 ...
    1. 海洋漁業向け通信端末AWBDTS-1北斗(Beidou) 海洋漁業向け通信端末は、海上向けの北斗衛星航法システムです。GPSと北斗モジュールを内蔵し、北斗とGPSの特長を生かして、GPS測位、Beidou測位、Beidou通信等様々な機能を持っています。海上での測位・航法、捜索救助、警報等に使用されています。
      GPSと北斗モジュールを内蔵し、GPS測位またはBeidou測位から選択可能
    1. AIS船舶衝突回避システムマーカー(marker)機能、自船の航跡及びウェイポイントの記録機能、航路計画機能
      ナビゲーションと衝突回避警報機能、船舶間の衝突を回避する為に、実時間に他船の位置、針路、船速など航海情報を監視し、船舶衝突の恐れがある場合、音声と視覚的な警告を発信
      MOB緊急ナビゲーション機能
    1. AIS 捜索救助用トランスポンダ遭難船舶の情報を自動送信
      GPS測位機能
      GMSK変調方式、組込式処理プラットフォーム、時分割多元接続(TDMA)技術を採用し、IEC61097-14とIMO MSC.246(83)に準拠、自主的知的財産権を所有

船舶用通信機器

Advanced Avionicsは、中国で船舶用通信機器の専門メーカーです。私たちは、船舶自動識別装置(AIS)、電子海図装置(ECS)、海洋漁業向け通信端末などを提供しています。また、様々な航空通信システムも提供しています。

他の製品
  • NDB-200G 無指向性無線標識NDB-200G無指向性無線標識は中波帯の電波を用いた無線航行援助施設です。ICAO 第 10 附属書に準拠し、空港や航路上、石油プラットフォーム等に設置されて、航空機に航法情報と着陸位置を知らせる装置です。
    自動アンテナチューニング
  • NDB-500 無指向性無線標識NDB-500 無指向性無線標識は中波帯の電波を用いた無線航行援助施設です。空港や航路上、石油プラットフォーム等に設置されて、航空機に航法情報と着陸位置を知らせる装置です。主にメインユニット、オートマチックアンテナチューナ、リモートコントロールユニットの三つで構成されています。