海洋漁業向け通信端末

ホームへ » 製品紹介 » 船舶用通信機器 » 海洋漁業向け通信端末
海洋漁業向け通信端末

AWBDTS-1北斗(Beidou) 海洋漁業向け通信端末は、海上向けの北斗衛星航法システムです。GPSと北斗モジュールを内蔵し、北斗とGPSの特長を生かして、GPS測位、Beidou測位、Beidou通信等様々な機能を持っています。海上での測位・航法、捜索救助、警報等に使用されています。

特長
1. GPSと北斗モジュールを内蔵し、GPS測位またはBeidou測位から選択可能
2.ショートメッセージの送受信機能(サービスプロバイダのネットワークに登録して、携帯電話との通信が可能)。
3.三つの衛星の六つの信号を受信可能
4.ICカードの着脱が容易
5.IEC60945に準拠し、海上環境の用途に適合





製品仕様

TX パワー 10W
Beidou位置決め精度 20m(1σ) (regions covered by correction stations) 100m(1σ) (regions uncovered by correction stations)
GPS位置決め精度 5~10m(1σ)
ショートメッセージを送受信機能 一回最大で120個漢字(ICカードに制御)
データインタフェース RS-232
ボーレート  19200
電源電圧 12~32V
消費電力 ≤6W
動作温度 -25℃ ~ +55℃
相対湿度 10% ~ 90%
保存温度 -30℃ ~ +70℃

私たちは中国の海洋漁業向け通信端末の専門メーカーとして、AIS 航路標識システム、AISトランスポンダ、マーカビーコン、中央集中監視制御システムなどを提供しています。

お問合せ
他の製品
    1. AIS船舶衝突回避システムマーカー(marker)機能、自船の航跡及びウェイポイントの記録機能、航路計画機能
      ナビゲーションと衝突回避警報機能、船舶間の衝突を回避する為に、実時間に他船の位置、針路、船速など航海情報を監視し、船舶衝突の恐れがある場合、音声と視覚的な警告を発信
      MOB緊急ナビゲーション機能
    1. AIS 捜索救助用トランスポンダ遭難船舶の情報を自動送信
      GPS測位機能
      GMSK変調方式、組込式処理プラットフォーム、時分割多元接続(TDMA)技術を採用し、IEC61097-14とIMO MSC.246(83)に準拠、自主的知的財産権を所有